既刊艶本紹介 (7)

kv3  

 小吉物語・巻三:B5判、約81頁 「二十禁」:2009年6月上梓

 

 [内容紹介]

  これは、中篇に続くB5版で80頁の後篇である。ここでは、江戸東京の町を突然襲った大震災とそれに伴う火災でそれまでの努力が悉く潰え去り消え去って行く過程が、主人公みちよの必死の努力にもかかわらず報われることなく訪れるみちよの不幸な死で終ると云う形で、江戸東京の習俗と伝統文化と芸能と美しかりし町並みの辿った末路が象徴的に語られる。文体は古典的で、江戸前の言葉の他に京言葉・難波言葉が多出する。赤裸々な性愛描写は少ない。

全編通して読む方法は、二通りあります。下のボタン"Foreward" をクリックするか、「eBooks」をクリックして、Ehon のサイトから戯作艶本一覧表のお望みの作品の表紙画像をダブルクリックすると、その作品のPDFファイルが自動的に開きます。

 

bk fw (全篇購読は、こちらをクリック)

ftr