class "style2" id "class" の内容がここに入ります

 

tb

top

blg
esc
jlbnr
 tk   Ei Cohen in viaggio nell' Italia, 1981

 If you want find an easy phonetical approach to Japanese Langage, you may find yourself happy in accessing to this Self Tutorial Course . Click here to go and try out!

 貴方は平成己丑如月二日

(西暦2009年2月2日)以来

     

人目のお客さまです。
rcrcrcrc
ご意見を下さい
ctc 
ehn
ebk
For Foreign Visitors : 
eng

wn

eicohen@eikohen.com
艶本
創 作電子ブック
it

 ご注意 !! 「ヨーロッパフォト紀行:第一部:ギリシャ篇」は、新刊本「エトルリア感傷紀行」と同様に画像リッチで「重たい」ファイルです。「光回線」ではなく、従来のインターネット回線に接続されたシステムでは、表示されるまでに5分以上お待ち頂く必要があります。また、最新刊の「ヨーロッパフォト紀行:第二部:スイス、フランス、イギリス篇」および「第三部・イタリア国内編」は、それにも増して約二倍、三倍の写真が盛り込まれていますので、高速光回線に接続されているだけでなく、大容量のメモリを搭載したコンピュータでないと、ファイルが開けない場合があります。(Files of following volumes of new edition are highly image-rich, so it may be heavy duty for your PC with smal capacity of free memory size and the file couldn't be down-loaded to open. Check the free memory size installled on your PC before click the following cover images.)

nw

改訂四 

2014年10月1日 公開

VSE4

 筆者が驚愕の感動を受けたエトルスカ美術の遺物の展示品や遺構の写真ばかりではなく、おそらく日本人として初めてだと思いますが、考古学の専門家でもない筆者がタルクイニア古墳群の墳墓の中に入って、フレスコ壁画を写真撮影した経緯の話と、その結果の写真を紹介しています。また、今から二千六百年もの昔の磁器の中に、日本の現在の相撲のように髷を結い、褌を締めて闘う力士グループの繪の描かれた(ドキュメント-実証資料)を見付けて、項目を設けてその写真を掲げたことも、日本人読者の皆さんの興味を引くのではないかと思います。筆者はこれを見て、日本の相撲の一番遠いルーツがこのエトルリア文明の中にあったのだとほぼ確信しました。相撲協会には喜んでもらえるのではないかとも思っています。

 改訂第二版を公開してから一年三ヶ月余りを経て、気になっていたバグの訂正、構成やレイアウトの修正と変更、フォントのサイズと種類の変更や、文章の変更や加筆、1991年8月にイタリアを再訪した際に撮影した一部の写真の追加や差替えを行う大幅な改訂を実行して、全体として一新した作品として公開しました。表紙や裏表紙も変えて、アイキャッチの増大を図るようにしました。

 2013年2月の改訂3版以降、さらに全体を見直して写真の説明文の追加をし、写真とページのレイアウトを変更して、さらに判り易いように変更しました。

 

new  ☞

A4判、540頁

改訂二版 2013年3月30日公開

pve3

 2011年12月28日、「ヨーロッパ フォト紀行:第三部・イタリア国内篇」を公開しました。これは、eBook のサイトで予告していた通り、「エトルリア感傷紀行」の基になった旅とはほとんど無関係に行なったイタリア国内の旅の写真による記録です。本体A4判540ページ、文章は少なく、1ページ一枚に割り振った多数の大判の写真で筆者の眼差しをお伝えします。

2012年1月10日までは、トップページ上で無料で公開しますが、その後は、左下の「ここをクリック」の部分をクリックするか、または上のボタンeBooksもしくは下のeBooksのバナーをクリックして、eBookのサイト経由で、正規の購読手続きを踏んでファイルをダウンロードし、ごゆっくりお読み下さるよう、引き続きお願いします。

 内容の特徴は、イタリア各地へ旅をした際のエピソードや様々な人々の生態、遺跡と自然あるいは人々との調和などを筆者のカメラで捉えて、筆者の視点や考え方を紹介している点にあります。

 

A4判380頁

 

改訂二版 2013年3月30日公開

 

 

 

pve2

 本日2011年12月10日、「ヨーロッパ フォト紀行:第二部・スイス、フランス、イギリス篇」を公開しました。これは、eBook のサイトで予告していた通り、「エトルリア感傷紀行」の基になった旅に関連して、あるいはそれとは無関係に行なったヨーロッパ三国の国内の旅の写真による記録です。本体A4判380ページ、文章は少なく、1ページ一枚に割り振った多数の大判の写真で筆者の眼差しをお伝えします。

 

 

A4判175頁、写真多数

 

改訂二版 

2013年3月30日

公開

pvg

 本日2011年11月25日、「ヨーロッパ フォト紀行:第一部・ギリシャ篇」を公開しました。これは、eBook のサイトで予告していた通り、「エトルリア感傷紀行」の基になった旅に関連して行なったギリシャの旅の記録です。本体A4判125ページ、文章ばかりでなく、極力一ページ一枚に割り振った多数の大判の写真で、筆者の眼差しをお伝えします。

12月末日までは、トップページ上で無料で公開しますが、その後は、左下のここをクリックの部分をクリックするか、または上のボタンeBooksもしくは下のeBooksのバナーをクリックして、eBookのサイト経由で、正規の購読手続きを踏んでファイルをダウンロードし、ごゆっくりお読み下さるよう、引き続きお願いします。

 内容の中で著者として特筆できることは、「エトルリア感傷紀行」の主題となったエトルスカ文明よりも更に500年から1000年以上も古い古代ギリシャ文明や、ミケーネ文明、クレタ島のミノア文明の遺跡や遺物の写真ばかりでなく、1981年当時の現代ギリシャの各地の街の風物景観や人々の生活ぶりを筆者のカメラ目線でとらえた写真を豊富に載せていることです。異邦人として行なう旅には付き物の思わぬハプニングにまつわる筆者の態度や考え方も手短に述べられていますし、このギリシャの旅を行なう因になった「エトルスカ美術に見られるギリシャ文明の影響」についての筆者なりの一応の結論も述べてあります。英紅炎(11.25.2011)

 

 

new

 

280x280判、140頁

tpc

 2012年1月30日、「TAKU KANDA SELF-SELECTED PHOTO COLLECTION」(タク カンダ直撰写真集)を公開しました。これは、1975年以降に撮影されたタク カンダの写真の中のベストチョイスを集めた写真集です。僅か二ページの前書にタクカンダの写真に対する基本的な考え方が述べられていて、撮影場所とその時期を示す頁と奥付以外は、文章は一つもありませんので、肩が凝らずに写真をご鑑賞いただけるものと思います。左のサムネールをクリックしてオンラインでお楽しみください。これはまた、筆者のライフワーク シリーズ最後のイーブックになり、これにて筆者の創作活動を打ち切ります。

更に詳しくはここをクリック

For more detail click here.

 

 

 

 
 

 英紅炎のリンクサイト一覧

左下のバナーをクリックしてそれぞれのサイトにジャンプできます (You may jump to look the site clicking any of leftside banners.)

(Table of the Ei Cohen's Inner Sub-Sites)
 
 Japanese Language online self-tutorial Course for foreigners
jlc
 It is intended to focus on a kind of online lessons to enrich supplimentaly the learners knowledge around "How to use properly mainly the verbs, auxilially verbs, as well as on the auxilially particles."
 紅炎のイタリア語によるサイト (Ei Cohen's Site in Italian Language)
itl

 イタリアと縁の深かった紅炎が、イタリアの知人や見も知らぬ人たちとの交流をインターネットを通じて図ることを目指している。ブログやフェイスブックなどを利用して発展させたい。(Having good experience with Italy, Ei Cohen want to expande the possibility to communicate with unknown Italian people through internet. He also want to develop thhe relationship with italians using the blog and facebook.)

 紅炎の英語によるサイト (Ei Cohen's Site in English )
eng
 英語を解する世界の人たちとの交流をインターネットを通じて図ることを目指している。これもブログやフェイスブックなどを利用して交流を深めたいと思っている。(A Site where it is intended to have good and frank communications with people world wide who understand the English through Internet. (Also Cohen hopes to develop thhe relationship with people world wide using the blog and facebook.)

 

new
gt

2013年1月30日改訂四版公開 

 現代短篇艶本六篇を所載。本文:全629頁;希望購読価格:300円

 内容:レイプ;膣痙攣;初体験;痴女;逆ナンパ;拾った男

「拾った男」は大幅に加筆改訂しました。左の表紙のサムネールをクリックすると、本編のPDFが開きます。

HkR2v2
2014年1月30日『初恋』の増補改訂版を公開しました。更に徹底した推敲と校正を重ね、ルビも追加して読みやすくし、新たに図版も加えました。

 

bn
pve3
pve2
pvg
VSE4R
sihoriR3

2014年9月2日「美ケ原柿の實の契り」を手直しして、改定第三版として公開しました。左の表紙のサムネイルをクリックして直に読むことができます。ただし、これは18禁です。

      

 

 top

 

ftr